読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリ研究部

フリマアプリ「メルカリ」を使って得する情報を発信します!

ワンピースで比較してみた!マンガ本を売るならメルカリがおすすめ

好きなマンガを集めるのが趣味の人も多いと思います。

最近では電子書籍化もだいぶ進んでいますが、まだまだ紙の本を購入している人が多いですね。

そこで困るのが収納スペース。単行本で集めていくとどんどんたまる一方で、あっという間に本棚がいっぱいになってしまった、ということもあります。

わたしは本棚がいっぱいになったら読み返す頻度の少ない本を処分するというルールにしています。

せっかく買った本なので少しでも売るため、ブックオフの店舗に持ち込んだり、ネットで買取専門店に買い取ってもらったりと色々試していますが、最近はフリマアプリ「メルカリ」で販売することが増えてきました。

 

買取専門店よりメルカリで売ることをオススメする理由

それでは大人気漫画「ワンピース」を全巻セットで売った場合のケースで考えてみましょう。

知らない人の方が少ないと思いますが、ワンピースは少年ジャンプに連載されている漫画で、アニメ・映画も子供から大人まで人気があります。

ワンピースは2016年12月3日現在、83巻まで発売されています。

 

まずは本の買取店の相場を調べてみました。

  • 本買取アローズ:4,000円~8,500円
  • 漫画買取ドットコム:10,760円
  • ヤフオク:9,800円-手数料847円=8,953円

漫画買取ドットコムが10,760円と一番高いようです。しかしホームページには「買取価格は新品同様の状態のものの買取価格です。」と記載があるため、必ずしもこの金額になるわけではないようですね。

 

では、ワンピースをメルカリで売るといくらくらいになるか見てみましょう。

f:id:mercari-abc:20161203212017p:plain

送料込みで12,222円で売れていました。

ちなみに出品から1時間で売れています。このスピード感も出品者にとっては気持ちいいですよね。

では、売上金額はいくらになるか見てみましょう。ちなみに、送料を計算するにあたり単行本一冊あたりの重さを150gとして計算しています。

  • 販売価格:12,222円
  • 販売手数料(10%):1,222円
  • 送料(重さ12.45kg、120サイズ):1,000円
  • 売上金額:12,222円-1,222円-1,000円=10,000円

 

メルカリで販売した場合は10,000円の売上になります。つまり、漫画買取ドットコムに比べると760円安い結果となりました。

しかし、買取店で表示されている金額はあくまでも目安となり、実際の査定額は単行本を送って査定してから決定します。

つまり、必ずしもウェブサイトに掲載されている金額で買取してもらえる保証はないので、私の場合なら確実に10,000円になるメルカリで販売することを選択します

 

まとめ

今回はワンピースを例に見てみましたが、ほかの漫画も同じような傾向があります。

しかし、適切な価格設定をしないとせっかく出品しても売れることはありません

手間はかかりますが、出品前に他の出品者がどのくらいの価格帯で販売しているのか、いくらくらいの価格なら実際に売れているのか、ライバルはどのくらいいるのか、などリサーチは必ず行うようにしましょう